08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
13
15
17
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

無水カレー作りました

さて、早速 バーミキュラ鍋を使って

「無水カレー」 を作ってみました。

鍋と一緒に届いた、スタートアップガイトのレシピを

参考にしながら・・・

カレー2

1、鍋のフチ(鍋とフタの重なるところ)に薄く油を塗ります。

2、鍋底から、トマト、玉ねぎ、セロリ、リンゴ、人参、鶏肉、ローリエ、

 と、入れていきます。

 野菜は洗って水を切らない程度です。

3、フタをして、極弱火で1時間加熱します。

 煮込み料理は好きですが・・・ 今どきのエコではありませんね。


1時間後
カレー4

野菜からこんなに水分が出ています。

4、火を止め、カレールーを入れて溶かします。

5、フタをして10分味を含ませれば完成です。

 野菜から出た水分のおかげでしょうか、中辛のカレー粉を使いましたが

 ものすごく甘いです。

 そこで、私はガラムマサラを入れて少々辛さをプラスしました。

カレー
(ご飯は冷凍を解凍したものでこの鍋で炊いたものではありません)

美味しいです(^^)v

素材の旨みをすごく感じます


慣れ親しんだカレーライスとは比べない方がいいかもしれません。

こちらの方が美味しいというのではなく・・・

今まで普通に作っていたカレーライスとは

全く別料理の趣があります。

エコではありませんが、油と水を使わず美味しく出来るので

冬にことこと煮込んで食べるにはお薦めの料理だと思います。



その後、お米も2合炊いてみました。

(22㎝鍋は4合まで炊けるようです)

ご飯

我が家は電気炊飯器を棚に仕舞い込み、鍋でお米を炊いています。

手持ちの鍋、全てを試していますが

これ、一番良いです!

炊いている時に観察していると、吹きこぼれ方などから

自慢の気密性の高さが実に良くわかります。

その気密性の良さ・・ なんでしょうね

炊きあがったご飯の味も違います。

ふっくらとして、だんぜん美味しいです!


最後に

バーミキュラについて気が付いたことをいくつか。

まず、重いです (22㎝鍋で4.7キロあります)

ルクルーゼを使い慣れているので気になりませんが

初めてお使いになる方はその重さに驚くかもしれません。

収納場所も腰より下には置かない方がいいと思います。

私はルクルーゼもコンロへ移動が楽な高さへ

出しっぱなし収納しています。



フタに取っ手とつまみがついているのですが

バーミキュラ3

このつまみ・・・

鍋と同様に熱くなります。

同じホーローのルクルーゼを使い慣れていた私は

つまみをヒョイと持ち上げ危うく火傷をしそうになりました。

001_20120110215152_20120911082120.jpg

↑ルクルーゼのつまみは熱くなりません。

ただ、鍋つかみを使い、左右の取っ手を持ってひっくり返すと

水滴を気にせず鍋フタをとても安定した状態で置くことが出来ます。

その構造上のつまみなのかもしれませんが・・・

ちょっと持ち上げて味見をしたり中を確認したい時は

このつまみがルクルーゼのように

熱くならないものだったら良かったのに・・・と残念です。

もうひとつ・・・

鍋底の凸凹は、焦げ目をつける料理等には嬉しいのですが

・・・洗いにくいのが難点です。

少々の焦げを落とすにも、ホーローを痛めないように気を使いながら

溝の部分の汚れを落とすのに苦労しました。


でも、それもこれも慣れでしょうか。

私の評価は 買って良かった です。

自分の名前も刻印されていて愛着も持てるし
(ハートマークまでいれちゃいましたから

リペアもお願い出来るので

一生ものの鍋として大切にバンバン使いたいと思います。




↓のサイトでは素敵な40代を過ごしている人達の生き方を沢山学べます。
コーヒーブレイクしてみませんか(^_-)-☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 暮らしを楽しむ♪♪
genre : 日記

こんにちは

とても良さそうなお鍋買って正解でしたね(#^.^#)

野菜からこんなたくさん水分が出るんですね料理をしないのでびっくりして見てます。

昔はガスの炊飯器があってそれでお米炊いていましたが電気釜で炊くより全然比べ物にならないくらい美味しかったです。

それがお鍋に変わっただけで多分すごく美味しいのが想像がつきます。

全ポチ★

いつも応援ありがとうございます。

No title

こんばんは。
こりゃおいしそうだわ。
足の爪もよくなって
体調も回復したようですね。
たのしいことをするのが
一番の健康法です。

No title

ステキなお鍋ですね。
水なしでここまで野菜から水分が出るなんて
信じられません。
野菜の味がして、おいしいカレーになったのでしょうね。
このお鍋まさに一生物ですね。
私も自分の気に入った物を少しずつそろえていきたいです。
毎日使う物だからこそ、いい物を使いたいですね。

No title

さっそくカレーに挑戦されたんですね。
おいしそうです
おなべの細かいリポートすごく参考になりました。
実際使わなくては 分からないから 貴重なご意見でした。

もう一度考えま~す
ちなみに今は15ヶ月待ちだそうです。

No title

無水調理って こんなにも水分が出るのに驚きました
ずっと以前に
ビタクラフトって無水調理ができると聞いたことがあったのですが
何回やっても うまくいかなかった経験があります
こんなにたくさん水分が出るのですね・・・
使用感などを書いてくださり
さすが かのんさんですね!!
お名前が刻印されているなんて
素敵すぎますね(*^_^*)

Re: 大分ナシカさんへ

こんばんは。

欲しくて我慢できずに買ってしまったお鍋なので
想像と違っていたらどうしようと思っていましたが
愛着持って使い込んでいけそうなお鍋なので良かったです!

そうなんです。
どんなに性能の良い炊飯器よりガス炊きの方が美味しく感じます。
鍋炊きの最後に火力を強めておこげを作るのですが
それがまた美味しいんですよ(*^_^*)

Re: あかちんさんへ

こんばんは。

野菜の旨みがたっぷり出ていて美味しいですよ!
あかちんさんもラーメンにはお野菜を入れて下さいね(笑)

身体はどこが不調でも嫌ですものね。
>たのしいことをするのが
 一番の健康法です。
まったくです(*^_^*)
いつも笑顔で過ごしたいですね。

Re: のりぺこりんさんへ

こんばんは。

鍋フタに取っ手があるのは変わっていますよね。
初めは見た目はいまいちだな・・って思ったんです。
でも取っ手も使い勝手を考えた末の形なんですって。
性能が良いなら見た目は二の次です。
その見た目も一日でだいぶステキに見えてきました(*^_^*)

材料からのみでこんなに水分が出るなんて驚きますよね!
気密性はすごく高いですよ。

そうなんです!私も・・・
年と共に好きな物だけに囲まれた生活をしていきたい、
良いものを長く使いたいと思うようになりました。

Re: はるちゃんさんへ

こんばんは。

少しはお役に立ちましたか(^^ゞ
カレーとお米を炊いただけですから
これから気が付くことがあるかもしれませんが
重さ、つまみの熱さ、鍋底の洗いにくさはお伝えしたい点でした。
これは絶対無理!という要素は人それぞれだと思いますので
欠点を充分ご検討下さいね(^_-)-☆

このお鍋の人気は続いてますね~!
私の場合8ヵ月で届きましたが、
メールがくるまで注文していたことを忘れていました(笑)

Re: マルチ君の母さんへ

こんばんは。

吃驚したでしょう!
私もこんなに水分が出るなんて思いませんでした。
気密性はとても高いですね。

ビタクラフトのウルトラ使ってますよ(^^)v
お野菜を洗った水分だけで茹であがる・・
とのことだったのですが、同じく焦げ付きました(^_^;)
でも、普通の使い方をする分にはとても良い鍋ですよ。
ステンレス鍋で一番なのは、私のなかではビタクラフトなんです。
鋳物ホーローのバーミキュラとルクルーゼは重さが難点ですね・・。

鍋好きの私も購入するのは
さすがにこれが最後のお鍋でしょうね(笑)

こんにちわ

お鍋も 実際使わないと 勝手が分かりませんよね。
それにしても、人気商品なのですね。

私も 普段 物を増やさない様にはしてますが、
キッチングッズで欲しい物が出て来ました。

ガスでご飯も炊けるのは エコだと思います。
味が良ければ、尚 魅力的です。

ちなみに 炊いたら、保存は 鍋ごと 冷蔵庫ですか?
大きくて入らないですか?

だとしたら 便利だな と 思いまして。

家は 電気で炊いたら 保温せず、電源を切って、残る場合は どんぶりに入れて 保存してるので。

Re: caelさんへ

こんばんは。

炊きあがったご飯は
すぐに一善分ずつラップに包んで冷凍しています。
今使っている冷蔵庫は瞬間冷凍が出来るので熱いまま入れますが
古い冷蔵庫の時はラップに包んで冷ましてから冷凍していました。
冷蔵庫に入れるより冷凍した方が
炊き立てと同じように美味しく食べられますよ!
電子レンジに短時間かければOK

冷蔵庫に鍋は入りますが、
料理を鍋ごと冷蔵庫へ入れる・・という経験がないので・・・
ティファールはそれが出来る鍋もあるみたいですが
この鍋はどうなんでしょうね・・・。

参考にならなくてごめんなさい m(__)m
Secret

プロフィール

かのん

Author:かのん
2017年3月
単身赴任だった夫が戻り
「ひとり気ままに」
のブログ名を改めました

気ままなマイペース生活は今までどおりです


エム  
2016年3月 16歳で虹の橋
ティー 10歳
猫  
ケイ  12歳

2人の娘が巣立ち これからの人生を模索しながら 夫&ペット2匹と暮らす50代主婦。
平凡な日常でも大切な人生のひとこま
残りの人生、のんびりゆったり丁寧に暮らしていけたらいいなと思っています。

HELLO

ブログ投稿で植林活動

フリーエリア