10
:
1
3
4
7
9
11
12
14
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

24年前のはなし

ハワイ旅行中の次女から ラインで写真が届きました。

IMG_2401.jpg

今日は次女の誕生日

コンドミニアムの部屋で 友人達が祝ってくれたそうです。

日本にいる時から準備してくれていたんですね。

娘もさぞかし嬉しかったことでしょう。

みんな ありがとう 

(※Birthdayのバラバラは娘たちの意味あり演出なので念のため)

IMG_2398.jpg

ハナウマ湾

IMG_2395.jpg

懐かしい場所です。

私も、次女と同じ24歳の時に新婚旅行でここを訪れています。

澄んだ海の中へ入ると沢山の魚が寄ってきたことを覚えています。

次女があの時の私と同じ年になったなんて、なんだか信じられない気持ちです。


24年前の今日

里帰り先の実家で、早朝5:00に目覚めた私は

隣に眠っている2歳の長女の布団を掛け直してトイレへ行くと

そこで破水していることに気が付きました。

長女の出産の時もそうだったのですが、

高位破水といって 子宮の上部が破れる破水なので、

流れ出る羊水がごく少量の為分かりにくいのです。

病院へ電話をして 9:00に入院

1時間ごとに陣痛促進剤を飲みましたが なかなか陣痛にならず

14:00頃から点滴で陣痛を促しました。

いきなり起きた1・2分間隔の痛みが辛かったのはよく覚えています。

15:57 次女誕生


長女を出産したときは、

陣痛の間ずっと実家の母が付いていてくれたので心強かったのですが

次女の時は、実家で母に長女の面倒を見てもらっていたので

一人で挑みました。

2度目ですから流れもわかりますし問題なしですが、

やっぱり少し心細かったですね。

次女が誕生すると

病院から連絡をもらった実家の家族がすぐに来てくれました。

母に抱っこされた長女は病院が退屈だったらしく

母が生まれたばかりの妹の顔を見せようと

新生児室のガラス越しに連れて行っても

赤ちゃんの顔を見ようともせずに

「帰ろう! 帰ろう!!」 を連呼していました (笑)

その長女も 今年の7月に私と同じ高位破水で出産を経験しました。

親子って出産まで似るのかしら。

現在、20:00

その頃住んでいた横浜の仕事先から

車で駆け付けた夫が病院に着いた頃だったかしら。


まさか24年後に ラインというツールを使って ハワイから

「24歳も頑張ります!パパママありがとう」

と、感謝の言葉をもらえるなんて夢にも思っていませんでした。

最近はことあるごとに感じますが この時の流れの速さに驚くばかりで

本当に夢を見ているのじゃないのかしらと思ってしまいます。

今年もあと2ヶ月と2日

気が付いたら年が明けていたなんてことがあっても

ちっともおかしくないですね (笑)


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
スポンサーサイト

プロフィール

かのん

Author:かのん
2017年3月 9年間
単身赴任だった夫が戻り
「ひとり気ままに」
のブログ名を改めました

気ままなマイペース生活は今までどおりです

愛犬
エム  
2016年3月 16歳で虹の橋
ティー 10歳
愛猫  
ケイ  12歳

2人の娘が巣立ち これからの人生を模索しながら 夫&ペット2匹と暮らす50代主婦

平凡な日常でも大切な人生のひとこま

残りの人生、のんびりゆったり丁寧に暮らしていけたらいいなと思っています

HELLO

ブログ投稿で植林活動

フリーエリア