10
:
1
3
4
7
9
11
12
14
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

迷い道

毎朝、今冬の最低気温を更新しています。

今朝も寒い朝でした。

kano.jpg

ケイは海苔が大好きです。

海苔を出す気配を感じると、どこからともなく飛んできます。

「海苔」 と言うワードにも敏感に反応するから面白いです。

nori.jpg

本能のまま 『好きなものは好き 嫌なことは嫌』 と

素直に行動できる君が羨ましくなる時があります。


長女が仕事を始めたそうです。

しばらくは研修期間のようですが

ここまでの道のり紆余曲折がありました。

音大を出て、3カ月後に結婚した娘ですが

3年の時から就職活動に精を出していました。

友人たちは院へ進学したり、留学したり

音楽関係の仕事を選択したりしていましたが

長女は 『ブライダルプランナー』 という職業に魅力を感じ

都内の会社2社にエントリーをしていました。

どちらも、書類選考が通り、一次面接が通り、2次面接で撃沈という状況。 

4年前からお付き合いをしていた 一つ年上の彼がいることは知っていましたが

夫も私も 長女は就職をして、広い世間を見聞してから

その彼かまだ見知らぬ誰かとご縁があって

嫁いでいくのだろうを思っていました。

ところが、お付き合いしていた彼から 

自分の所へ永久就職しないかとのプロポーズ。

それからは、あれよあれよという間に事が進んで行きました。

若い二人です。

子育ては少し未来にお預けとのこと。

そろそろ新しい土地にも、新婚生活にも慣れてきたということで

仕事探しを始めたようです。

運良く見つけた求人が 『ブライダルプランナー』

これ幸いと履歴書を送り、面接に。

駅前の大きなホテルだそうで、働きたい気持にも拍車がかかっていたようです。

しかし、一週間経とうとしているのに返事が来ない。

落ちたのだろうと諦めて 「さあ、次行こう!」 と前向きになった彼女。

以前もバイト経験がある 某コーヒーショップのバリスタへ応募。

速翌日、合格の連絡がありました。

しかし、よりによって同じ日の夕方 ホテルからも合格連絡が!

ただし、やり甲斐はあるものの

残業あり、休日が思うように取れない等 甘い仕事ではないので

もう一度会って意思確認がしたいとのこと。

どちらも好きな仕事 でも、ブライダルプランナーは一時夢見た仕事。

コーヒーショップはバイト、ブライダルプランナーは契約社員。

自分の気持ちも揺れ、なかなか決められない長女。

家族、友人達に相談をすると ほぼ全員から 

「もちろん、やりたかったプランナーを選ぶべきでしょう」との答えが。

帰宅した旦那様に相談すると、コーヒーショップを勧められ・・・

より、悩んだ長女。

私は、結婚したあなたはまず家庭を基本に考えるべきだと答えました。

「旦那様が応援してくれるならプランナー 無理があるならコーヒーショップ

決めるのはあくまであなた自信なのだから、自分の納得できる選択を。

決めたからには絶対後悔しないように・・・」 とアドバイスをしました。

一晩、贅沢な悩みに苦しんだ長女。

出した答えは コーヒーショップのバリスタでした。

5人の採用に30人の応募があったそうです。

・すぐに合格連絡をくれたことが嬉しかったこと

・主婦をメインに仕事をしようと思ったこと

・転勤してもその土地の店舗で仕事が出来ること

この三つが決めてだったと言っていました。

そして始まった初日

店長からの思いがけないお話がありました。

「あなたからの履歴書を見た時から

   採用目線で細かくチェックさせてもらっていたのよ」
・・・と。

実は、以前バイトをしていた他県の店長から

「そちらに引っ越しをした〇〇さん(←長女)が面接に行くかもしれない

           この仕事がむいている子なので頼りになる存在だよ」


とのお話があったとか。

何ともありがたいお話です。

『長女の選択は間違っていなかったのかな』 と思えた出来事でした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

No title

すてきなお嬢さんですね。
かのんさんとの関係も信頼があっていいですね。

一生懸命にしてること、ちゃんと見ててくれる人って居るんですね。

なっつばーさんへ

なっつばーさん こんにちは。
長女は前向きで行動的なので運がついてくるのでしょうか。
「運がいい子だな~」と思う場面が多々あります。

「ちゃんと見ててくれる人がいる」
人との見えない繋がりってこうして築かれていくのですね。

No title

こんばんは。
できる人の印象です。
私が見てきた医療の世界での話しですが、家庭に入ってしまってもったいない人材はたくさんいますよね。
働くことが好きならば年をとってもできる発展的なことをお勧めします。
専業主婦で十分いけるなら飽きるまで遊ぶのもありですよね。
どちらにしろまだ若いですから何でもできますよ。

あかちんさんへ

あかちんさん こんばんは。
娘は喫茶店を開くと言っています。
音楽仲間の生演奏や自分の趣味も生かした空間にしたいとか。
彼女は、意外と面白いことをやってくれるんじゃないかと楽しみです。
何にせよ、若いうちはいろいろ経験してもらいたいです。
Secret

プロフィール

かのん

Author:かのん
2017年3月 9年間
単身赴任だった夫が戻り
「ひとり気ままに」
のブログ名を改めました

気ままなマイペース生活は今までどおりです

愛犬
エム  
2016年3月 16歳で虹の橋
ティー 10歳
愛猫  
ケイ  12歳

2人の娘が巣立ち これからの人生を模索しながら 夫&ペット2匹と暮らす50代主婦

平凡な日常でも大切な人生のひとこま

残りの人生、のんびりゆったり丁寧に暮らしていけたらいいなと思っています

HELLO

ブログ投稿で植林活動

フリーエリア